そろそろヘルニアにも答えておくか
ホーム > 仕事 > 帰化申請 とタイ

帰化申請 とタイ

三木清は帰化申請については、何も語らず、しかも著作権切れの文章ですが、
じっくりお読みいただければ、帰化申請との接点を見出すことができるでしょう。
それにもかかわらずこのとき、支配階級が思想の危機を叫ぶことが必要になればなるほど、この階級はますます危機に迫っているのであり、したがって自己をあ らゆる手段をもって維持することがいよいよ必要となっているのであるから、この階級を代表する思想もまたそれ故にいよいよ独断的となるのである。
帰化申請についてご参考になると思われる三木清の文章はこんな感じです。
それでは続きを見てみましょう。帰化申請との接点を意識しながら読み進めましょう。
独断論は最も多くの場合階級的な意味のものである。しかるに独断論は、まさに独断論として、思想的には無力であるほかない。思想の危機に際会しては、独断 論は必然的に最も独断的とならざるを得ないから、思想的にはいよいよ無力となり、かくて独断論は思想そのものの立場から他のものへ転化してゆく。最初に は、思想に対するに思想をもってすべきであると主張した独断論は、思想の危機が激成し、拡大するに立ち到るや、今は、あらゆる実践的な手段に訴えることと なる。独断論において、理論的なものは実践的なものに必然的に転化する。
帰化申請についてのご参考になりましたでしょうか? ではまた次回に!!